(ヒートマップ) (タグマネージャー)
デュアルSIM運用

【楽天モバイル+povo併用】デュアルSIM設定のやり方を徹底解説!

楽天モバイル+povo併用

楽天モバイルとpovoの併用ってお得なの?

楽天モバイルとpovoのデュアルSIMの設定ってどうやるの?

こんなこと思っていませんか?

この記事を読めば楽天モバイルとpovoのデュアルSIMの申し込みから設定方法まで解説しているので安心してください!

楽天モバイルの0円運用が終了し、楽天モバイルとpovoのデュアルSIMの使い方も変わりましたが今もデュアルSIMで運用するメリットはあります

デュアルSIMのメリットを先に紹介すると以下↓

楽天モバイル+povo併用のメリット
  • 通話料が楽天モバイルなら無料
  • povoは基本料0円で使える
  • ギガ活を利用できる
  • 楽天モバイルが圏外でも問題ない
  • 旅行の際にはpovoのギガ使い放題が使える
  • 通信障害があってもデュアルSIMなら安心

上記のようにデュアルSIMには様々なメリットがあるので上手に使いこなしてお得に携帯を利用しましょう。

それでは詳しく解説していきます。

楽天モバイル公式ページから申し込む

楽天モバイルとpovoの併用ってどんなプラン?

楽天モバイルとpovo併用は楽天モバイルかpovoどちらかをeSIMで使用し、もう一方を物理SIMで運用します。(どちらのキャリアもeSIMに対応しています。)

eSIMとは携帯本体に内蔵しているSIMの事。これによって2つの異なるキャリアと契約できるデュアル運用が可能に。

物理SIMとは違いキャリアの乗り換え時にSIMの差し替えがいりません。

楽天モバイルの0円運用は終了してしまいpovoとの最安運用はできなくなったもののまだデュアルSIM運用するうまみはあります。

具体的な使い方は、楽天モバイルを3G以内で利用し、povoはどうしてもギガが必要な時にスポット的に使用します。

通話は楽天の通話アプリを使い無料で利用。

楽天モバイルだけだと余裕がなくても3Gを超えそうになったらpovoを使おうというようにかなり気持ちに余裕が生まれます

また、povoは基本料が0円なので楽天モバイルを3G以下で使えば月額1,078円!デュアルSIMにもってこいの格安SIM。

デュアルSIM設定も意外と簡単なのでやってみると使いやすくて本当にいいですよ。

具体的な楽天モバイルとpovoを併用するメリットは次の章で紹介します。

楽天モバイル+povoデュアルSIMのメリット

楽天モバイル+povoデュアルSIMメリット

それでは楽天モバイルとpovoを併用するメリットを紹介していきます。

楽天モバイルとpovoを併用するメリットは以下↓

  • 通話料が楽天モバイルなら無料
  • povoは基本料0円で使える
  • ギガ活を利用できる
  • 楽天モバイルが圏外でも問題ない
  • 旅行の際にはpovoのギガ使い放題が使える
  • 通信障害があってもデュアルSIMなら安心

上記の3つが楽天モバイルとpovoを併用するメリットになります。

デュアルSIMはやっている人は少ないですが使いがってもよく、様々な使い方があるので本当におすすめです。

それでは楽天モバイルとpovoを併用するメリットを詳しく解説していきます。

楽天モバイル公式ページから申し込む

通話料が楽天モバイルなら無料

楽天モバイルであれば「楽天Link」という楽天モバイルの通話用アプリで通話すれば無料でかけ放題!

通話品質は賛否あるものの無料というアドバンテージはかなり大きいです。

くまお

僕も「楽天Link」で通話しますが確かにつながりにくいときもありますが基本的にはストレスなく使えるので無料なら全然OK!という感じです。

通話料無料で3Gまで1,078円で使える楽天モバイルをメイン回線として利用しましょう。

povoなら基本料0円で使える

povo2.0の基本料は0円!

ですのでサブ回線として持つにはこれ以上適した回線はありません

使わなければ0円なので気軽に回線を持つことができます。

料金プランは基本料無料でギガやオプションをトッピングしていくプラン。

povoデータトッピング
トッピング一覧|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0

必要に応じてトッピングしたりしなかったり自由にカスタマイズ出来るのがメリット!

ギガ活を利用できる

povoのキャンペーンで対象店舗にてauPayで支払うことでギガをもらうことができるギガ活というものがあります。

楽天モバイルの3Gを越したくないけどもう少しギガが欲しい。。

そんな時に大活躍!

普段の買い物をauPayで決済することでギガがもらえるお得なキャンペーンでデュアルSIM運用とも相性抜群です。

そんなお得なギガ活にも注意点がありるので紹介していきます。

ギガ活の注意点
  • エントリーが必要
  • 付与されるギガには消費期限がある
  • 対象店舗で一定金額以上の購入が条件

上記のように注意点はありますがどれも簡単にクリアできるものなので安心してください。

楽天モバイルが圏外でも問題ない

楽天モバイルとpovoの併用をすれば楽天モバイルが圏外になる場所でもpovoにモバイル通信を変えれば通信することができます。

楽天モバイルはプラチナバンドを取得していないので、通信エリアは97%カバーしているとはいえどうしても大手キャリアに比べると建物の中や田舎に行ったときに繋がらないことがあります

楽天モバイルは割と繋がらないことがあるのでpovo回線を持っていると思っているより安心できます。

旅行の際にはpovoのギガ使い放題が使える

旅行の際ギガを多く消費したいけど楽天モバイルの料金が上がるのが嫌。

といった状況でもpovo回線があれば330円で1日ギガ使い放題をトッピングできます

こう言ったようにpovo回線を持っているとスポット的にギガを追加できるので使い勝手が非常にいいです。

楽天モバイル1回線ではできない使い方が可能!

通信障害があってもデュアルSIMなら安心

最近、楽天モバイルやKDDIでも大規模な通信障害がありました。

そんなときもデュアルSIMで使っていれば回線を切り替えて応急処置的に使うことができます。

くまお

実際どちらの通信障害の時のもデュアルSIM運用をしていたので僕は回線を切り替えるだけで影響は受けませんでした。

通信障害や通信環境による通信不良は普段はないですが誰しもが体験したことがあると思います。

そんな通信障害や通信不良の影響を受けないデュアルSIM運用はこれからの時代マストな契約スタイルになるのではと思うほどいいこと尽くしです。

【楽天モバイル+povo併用】申し込みのやり方

それでは楽天モバイルとpovo併用を併用するための申し込み方を解説します。

申し込みはいつもと同じように2回線申し込むだけ。

電話番号をそのまま使いたいという方がほとんどだと思いますが、その場合は現在のキャリアでMNP予約番号を取得し、楽天モバイルの申し込みに移りましょう。

上記の説明でわからなくともこれから詳しく解説していくので安心してください。

楽天モバイルとpovoを併用する手順は以下↓

楽天モバイル+povo併用の申し込み手順
  1. NMP予約番号を取得する(電話番号を引き継ぎたい場合)
  2. 楽天モバイルに申し込む
  3. 楽天モバイル開通手続き
  4. povoに申し込む

それでは解説していきます。

MNP予約番号を取得する(電話番号を引き継ぎたい場合)

電話番号を引き継がず新しい電話番号を新規取得される場合はこの章は飛ばして楽天モバイルの申し込みから読んでください。

電話番号を引き継ぎたい場合は、現在のキャリアでMNP予約番号を取得してから楽天モバイルを申し込みましょう

MNP予約番号で取得する方法はキャリアによってちがうので自分のキャリアのMNP予約番号の取得方法を調べましょう。

大抵の場合は、キャリアのマイページにログインし、「MNP」をタップすれば「MNP予約番号を取得する」から予約番号の発行ができます。

ただしMNP予約番号には期限があるので注意してください。

MNP予約番号の有効期限は発行した日を含めて15日間

その期間内に楽天モバイルの申し込みを済ませましょう!

有効期間を過ぎた場合でも、もう一度MNP予約番号を取得すればいいので安心して下さい。

それでは楽天モバイルの申し込みを解説していきます。

楽天モバイルに申し込む

それでは楽天モバイルの申し込みに移ります。

楽天モバイル公式ページから申し込む

上記リンクから申し込んでいきます。

楽天モバイルはプランが1つしかないのでシンプルです。

申し込み手順は以下↓

楽天モバイル申し込み手順
  1. 公式ページから申し込み
  2. プラン選択(RakutenUN-LIMITⅦ)
  3. 通話かけ放題加入しないにチェック←アプリを使えば無料で通話できます)
  4. その他オプションにチェックが入っていないのを確認
  5. SIMタイプ→eSIM
  6. 製品選択or申し込みして楽天会員はログイン
  7. 本人確認+本人確認書類アップロード
  8. 電話番号は他社から乗り換えがおすすめ
  9. 受け取る方法と支払い方法確認
  10. 申し込み完了

上記手順で申し込みが完了です。

それでは画像で解説していきます。

公式ページから申し込み

楽天モバイル公式ページから申し込む

上記リンクから以下画像の様に申し込みしていきます。

楽天モバイル申し込み

プラン選択(RakutenUN-LIMITⅦ)

続いてプランを選択。

1つしかないのでRakutenUN-LIMITⅦを選択します。

楽天モバイル申し込み2

通話かけ放題加入しないにチェック←アプリを使えば無料で通話できます)

申し込みの際初めは通話かけ放題に加入するにチェックが入っているので注意しましょう。

楽天リンクで通話すれば無料で利用できるので「加入しない」にチェックを入れることをおすすめします。

楽天モバイル申し込み3

その他オプションにチェックが入っていないのを確認

その他のオプションはいりませんのでチェックが入っていないことを確認しましょう。

もちろん入りたいオプションがあればチェックを入れても大丈夫です。あくまで僕はコスパ重視なので契約するならオプションは入りません。

楽天モバイル申し込み4

SIMタイプ→eSIM

SIMタイプは楽天モバイルをeSIMにする方が次に乗り換える時も楽で契約も早いのでお勧めです。

もちろん楽天モバイルをSIMにしてpovoをeSIMでも大丈夫です。

楽天モバイル申し込み5

製品選択or申し込みして楽天会員はログイン

製品も同時購入するという方は製品選択に進んでください。

それ以外の方は「この内容で申し込む」をクリック!

楽天モバイル申し込み6

本人確認+本人確認書類アップロード

本人情報確認後、本人確認書類の提出方法を選択します。

おすすめは画像で本人確認書類を提出するeKYCでの申し込み。

3枚撮影するだけで終わるので簡単です!

楽天モバイル申し込み7

電話番号は他社から乗り換えがおすすめ

楽天モバイルの電話番号はメインで使用するので一番使用する電話番号を登録しましょう。

ですので電話番号を引き継ぐ場合はNMPを選択しましょう。

楽天モバイル申し込み8

受け取る方法と支払い方法確認

最後に受け取る住所の確認と支払い方法の確認を行います。

支払い方法は楽天カードがポイントが効率よく貯まるので圧倒的におすすめ。

楽天モバイル申し込み9

申し込み完了

これで楽天モバイルの申し込みは完了です。お疲れ様です。

添えれでは開通手続きに移ります。

楽天モバイル公式ページから申し込む

楽天モバイルの開通手続き

それでは開通手続きに移ります。

これが終われば端末の電波が楽天に切り替わります。

開通の手順を先に説明すると以下↓

楽天モバイル開通手続き
  1. 楽天モバイルのアプリをインストール
  2. ログインし申し込み履歴を確認
  3. 5分ほど経つと本人確認が終了し「開通手続きをする」ボタンが表示されるのでクリック
  4. モバイル通信プランのインストール
  5. モバイル通信プランを追加
  6. モバイル通信プランの名称を選択
  7. デフォルト回線を選択
  8. iMessageとFaceTime
  9. モバイルデータ通信の選択
  10. 開通手続きの完了

開通手続きでは楽天モバイル回線をデフォルトの回線とし、モバイルデータ通信も楽天モバイルがデフォルトデータ通信になるように設定します。

簡単に言うと、楽天モバイルを電話、データ通信どちらもメインで使います。という設定をします。
間違えても後で変えられるので安心してください。

モバイル通信プランの名称を決める際、副回線を楽天モバイルにしておくとわかりやすいのでおすすめ!

デフォルト回線、モバイルデータ通信どちらも楽天モバイルの回線を選べばOKです。

povoに申し込む

楽天の開通がすんだらpovoに申し込んでいきます。

povo2.0の申し込み方法は以下↓

povo2.0の申し込み方法
  1. povoのアプリをダウンロードして申し込み
  2. アカウント登録もしくはログイン
  3. SIM/契約タイプを選択し申し込み内容の確認
  4. 支払い方法の設定(クレジットカードを登録)
  5. 本人確認
  6. 契約者情報入力
  7. 配送先の登録
  8. 本人確認完了後開通手続きへ

上記の手順で申し込んでいきます。

各手順ごとに詳しく解説していきます。

povoのアプリをダウンロードして申し込み

公式ページから申し込みをクリックしするとアプリに誘導されるのでダウンロードしましょう。

povo申し込み

アカウント登録もしくはログイン

アプリをダウンロードし利用規約を確認したらアカウントを持っていない方は作成します。

povo申し込み2

SIM/契約タイプを選択し申し込み内容の確認

SIM対応は楽天モバイルでeSIMを選択した方はSIMを。

楽天モバイルでSIMを選択した方はeSIMを選択しましょう。

契約タイプはメインの通話は楽天モバイルでするので新規契約を選択。

povo申し込み3

支払い方法の設定(クレジットカードを登録)

ぽpovoはクレジットカードの登録が必須になるので必ず契約者と同一名義のクレジットカードを登録しましょう。

povo申し込み4

本人確認

povo申し込み5

ここから本人確認書類の撮影に入ります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

のいずれかを用意しましょう。

契約者情報入力

契約者情報を入力していきます。

もうすぐ終わるので頑張りましょう!

povo申し込み6

配送先の登録

配送先の登録をします。

この住所にSIMカードがとどくので間違わないようにしましょう。

2,3日後にSIMカードが届きます。

申し込み内容完了後開通手続きへ

最終申し込み内容をして申し込みましょう。

それではいよいよデュアルSIMの設定を次の章で解説していきます。

楽天モバイル+povoデュアルSIM設定のやり方

povoの申し込みが完了すると2日から3日でSIMカードが届きます。

以下の画像の様に

  • SIMカード
  • SIMピン
  • スタートガイド

の3つが同封されています。

povoSIMカード

それではSIMを差し込みデュアルSIM設定をしていきましょう。

デュアルSIM設定の手順は以下↓

デュアルSIM設定の手順
  1. 携帯の電源を切る
  2. SIMピンを差し込みSIMカードをスロットに入れる
  3. 電源を入れる
  4. モバイル通信プランを追加
  5. モバイル通信プランの名称
  6. デフォルト回線
  7. iMessageとFaceTime
  8. モバイルデータ通信
  9. 連絡先の優先回線をアップデート
  10. 完了

上記の手順でデュアルSIM設定はバッチリです。

もし間違えても変更できるので焦らず設定しましょう。

それではpovoのSIMカードを入れてかモバイル通信プランの設定から画像で解説していきます。

モバイル通信プランを追加

SIMカードを入れて電源を入れると、「モバイル通信プランを追加」の画面が表示されますので「続ける」をタップして設定していきます。

デュアルSIM設定

モバイル通信プランの名称

続いてモバイル通信プランの名称の画面に移動します。

ここでは「新規KDDIプランの名称」をpovoに変更します。

※やらなくてもいいですが名前を変えておくとわかりやすいです。

デュアルSIM設定2

以下の画像の様に名前を変更完了したら「続ける」をタップ。

デュアルSIM設定3

デフォルト回線

デフォルト回線は常に通話をする際にデフォルトの回線はどの回線か設定します。

もちろん通話は楽天モバイルを利用するので楽天モバイルにチェック!

デュアルSIM設定

iMessageとFaceTime

iMessageとFaceTimeをどちらの回線を使用するか選択します。

ここも同じく楽天モバイルに設定します。

デュアルSIM設定5

モバイルデータ通信

モバイルデータ通信をどちらの回線をデフォルトにするか設定します。

つまりデフォルトで使うデータ通信をどちらの回線でするのか決めます。

もちろんこれも楽天モバイルにチェック!

モバイル通信の切り替えは必ずオフにしましょう。

オンにしているとpovoにモバイル通信が変わってしまう可能性があります。

デュアルSIM設定6

連絡先の優先回線をアップデート

連絡先の優先回線をアップデートは以前にデュアルSIM設定をしていた場合に出ます。

僕は海外旅行の際に楽天モバイルとahamoのデュアルsimにしていたのでこの項目が出ました。

おそらくあなたには出ていないと思いますが念のため画像を載せておきます。

デュアルsim設定7

これでデュアルsim設定は完了です。お疲れ様です。

設定があっているか不安な方のために確認方法があるので次の章で解説します。

楽天モバイル+povoデュアルsim設定の確認方法

設定が終わっても確実に設定できたか不安な方にデュアルSIM設定の確認方法を解説します。

デュアルSIM設定の確認方法は以下↓

デュアルSIM設定確認方法

「設定」→「モバイル通信」→モバイル通信、デフォルトの音声回線が楽天モバイルになっていればOK。

画像でも解説します。

デュアルSIM設定8

上記画像の様になっていれば完了です。

ちなみにモバイルデータ通信を楽天モバイル→povoに切り替えるとpovo回線で通信できます。トッピングした際には切り替えましょう。

楽天モバイル+povoデュアルSIM注意点

楽天モバイル+povoデュアルSIMの注意点

それでは楽天モバイルとpovoのデュアルSIM運用の注意点も紹介していきます。

以下がデュアルSIM運用の注意点↓

上記のように注意点もありますがしっかりと理解して利用すれば問題ありません。

それでは詳しく解説していきます。

povoは180日以内にトッピングしないといけない

povoは基本料無料ですが180日間以上トッピングがない場合は利用停止または契約解除となる場合があるので注意しましょう。

ただし、通話料やSMS利用料の支払いの合計額が660円を超えていればトッピングを利用しなくても問題ありません。

ですが、デュアルSIM運用をしていると楽天モバイルで通話することになるのでおそらく660円を超える支払いがないのでトッピングする必要があるでしょう。

LINEのkeepメモ機能やメモ帳などでpovoの180日を覚えておきましょう。

デュアルSIM対応の携帯が必要

デュアルSIMはeSIMに対応した端末でないと利用することができませんので注意しましょう。

デュアルSIMに対応しているiPhoneの機種は以下↓

デュアルSIM対応iPhone機種
  • Phone 13
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

また以下の機種では2枚ともeSIMで利用することが可能な機種なので紹介しておきます。

  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini

上記であれば物理SIMを利用しなくてもいいので契約も楽。

ただしeSIMに対応していない携帯会社もあるのでそこは注意しましょう。

0円運用が終わる可能性もある

楽天モバイルは11月をもって完全に0円運用ができなくなりました。

そのことでこれまでのpovo+楽天モバイルの併用でできた最安運用は不可能に。

ですが未だpovoが0円運用をやっているのでまだpovo+楽天モバイルの利用価値は十分にあります。

もちろんpovoが0円運用を廃止する可能性もあるのでそこは注意しましょう。

楽天モバイルの0円運用廃止については以下の記事でも詳しく解説しているので興味のある方は参考にして下さい。

楽天モバイル0円終了!!次の乗り換え先はどうする??

楽天モバイルのデータ使用量に注意

楽天モバイルは以下の画像のように従量課金制なのでギガを消費すれば料金があがります。

楽天モバイル料金表
Rakuten UN-LIMIT VII(料金プラン) | 楽天モバイル

使うのは3ギガまでにしようと思っていても制限をかけることはできないので自分で確認しなければなりません。

androidの方はデータ利用警告機能という機能を使えば3Gを超える前に教えてくれます。

データ利用警告機能やり方

設定→ネットワークとインターネット→アプリのデータ使用量→歯車マーク→データ警告

※楽天モバイルと端末ではデータ使用量に誤差がある可能性があるので余裕をもって3Gであれば2.9G程度に設定しましょう。

iPhoneの方はこういった設定はできないのでmy楽天モバイルのアプリで通信量をこまめに確認しましょう。

デュアルSIMはmineoもおすすめ!月額990円でデータ通信使い放題!

デュアルSIM運用で楽天モバイル+povoの併用以外にもおすすめのデュアルSIM運用があるので紹介します。

それはpovo+mineoの併用。

povoとmineoのデュアルSIM運用は月額990円でギガ使い放題の最強コスパ

povo+mineoの使い方は、
mineoをメイン回線として利用しpovoをスポット的に使うやり方。
povoをeSIM、mineoを物理SIMで契約します。
通話料は別途30秒/22円かかるので注意!

1.5Mbpsでギガ使い放題という超コスパプラン!

1.5Mbpsは中速ですが使っていてもストレスない速度でYouTubeなどもサクサク見れます。

ただし昼の12時から13時は通信制限がかかるので注意しましょう。

昼間は携帯を使わないという方は問題ないですが、使う方はpovoでギガトッピングをするなど対策が必要です!

povoとmineoの併用については以下の記事で詳しく解説しているので興味のある方は参考にして下さい↓

【povo+mineoの併用】デュアルSIM運用のやり方を画像で徹底解説!

mineoの申し込みは以下のリンクからできます↓

mineo公式サイトへ

楽天モバイル+povo併用まとめ

楽天モバイルの0円運用終了でメリットが減ってしまった楽天モバイルとpovoのデュアルSIM運用ですが僕としてはまだまだメリットは多いと思っています。

むしろ1つのキャリアだけというのはリスクすらあるんだとデュアルSIMを使う今では思います。

楽天モバイル公式ページから申し込む

もう一度楽天モバイルとpovoを併用するメリットを紹介します↓

  • 通話料が楽天モバイルなら無料
  • ギガ活を利用できる
  • 楽天モバイルが圏外でも問題ない
  • 旅行の際にはpovoのギガ使い放題が使える
  • 通信障害があってもデュアルSIMなら安心

上記のように楽天モバイルとpovoのデュアルSIM運用には様々なメリットがあり、楽天モバイルのみを契約するよりも自由にストレスなく携帯を使うことができます。

皆さんもデュアルSIM運用をすることで通信障害の不安やストレスから解消され、さらにお得に利用できるので是非試してください。