FP(ファイナンシャルプランナー)

FP資格ってどんな資格?メリットは?就職や転職に役に立つの?

ファイナンシャルプランナーという資格の名前は聞いたことがありますが、具体的にはどんな資格?メリットはあるの?就職や転職に役に立つ?そんな疑問はこの記事で解決!

それでは解説していきます。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

ファイナンシャルプランナーとは、節約や税金、保険、様々なローン、投資、不動産、相続、老後の資産形成まで、お金についてのエキスパートです。

以下の6項目のライフイベントのプランを個人や中小企業などに提案します。

  • 年金についてのライフプランニングと資金計画
  • 貯蓄や投資信託といった金融資産運用
  • 税金についてのタックスプランニング
  • 保険やローンのリスク管理
  • 不動産(売買、住宅、賃貸など)
  • 相続や会社の事業継承

資格について

資格については、国家資格として1級~3級があり、民間資格としてAFPとCFPがあります。

難易度は、3級から順に上がっていき、AFPが国家資格の2級と同等、CFPが1級と同等となります。

注意点は、CFPの受験資格にAFP認定者であること、または、所定の大学で単位を取得すること、があります。AFPの資格取得には、認定研修の修了、FP2級の合格者の条件があり、日本FP協会の登録が必要になります。

FPを取得するメリットって?

就職や転職に活かせる

FP資格は国家資格なので履歴書に書くことができますし、不動産や金融、保険業界、住宅メーカーなどで評価されやすい資格です。しかし、3級の場合は基本的な知識になるので就職や転職で有利になるのは2級以上となるので、資格取得後のビジョンを見据えながら受験級を決めるのも一つの方法でしょう。

資格に活かした副業に役立つ

手軽な副業として、WEBライターを紹介します。WEBライターの仕事は、WEB上に掲載する記事を執筆する仕事で、WEBライターの案件の中にはお金に関するものも多くあり、FP資格を取っておけば、お金に詳しいライターを探している人や企業の目に止まり、受注に結び付くこともあるでしょう。

資格を取らなくても勉強するだけで役に立つ!

給付金や控除など、もらえるお金のことが分かる

 世の中には知らないだけで給付金や控除など、申請することでもらえるお金や得する制度が意外とたくさんありますが、中には申請しなければもらえないお金もあり、知っているのと知らないのでは、大きな差が生まれます。

ライフプランの立て方が分かる

FPの勉強をすることで車の買い替えや住宅購入、子供の教育資金など家族の将来のライフイベントやそれにかかる資金計画の立て方を学ぶことができます。

年金の適正な受給時期やそれに伴う貯蓄計画を考える機会にもなるでしょう。

プロのFPに任せなくても、自分でプランの立て方が分かれば、収支状況や貯蓄残高の把握ができるようになり、家計管理に役立ちます。

マネーの一般常識が身につく

税金や投資、相続など聞くだけで嫌になるようなことも学ぶことができ、知識の土台を作ることができます。そして、難しそうな言葉の基本的な意味を知ることで、苦手意識がなくなり、話を理解できるようになります。

また、生命保険や車の保険など今必要以上に入っていないかなど自分でリスク管理もすることができるようになります。

FP資格まとめ

FP資格合格を目標に学ぶと、資格を持つ、持たないにかかわらず(持っているにこしたことはない)お金の知識が身に付き生活の役に立つでしょう。

だからFP資格の勉強はして損はしません!