楽天カード

楽天カードどれがおすすめ?7種類のカードを解説し、あなたに合ったカードが分かる!

楽天カードどれがいい?アイキャッチ
うさこ

楽天カードを作ろうと思ったけどどのカードがいいかわからない

うさこ

カードを選んだ後に後悔したくない!

こんなことを思っていませんか?

楽天カードの種類は7つあり、この記事では、それぞれの特徴やそのカードを持つべき人も紹介しています。

是非7つの中から自分に合うカードを見つけていってください。

以下が7つの楽天カードになります。(クリックで説明に飛べます。)

先に結論を言うと、通常の「楽天カード」が多くの人におすすめできるカードになります。

その理由は本記事内で紹介しておりますので、是非最後まで見ていってください。

万人におすすめな通常楽天カード

万人におすすめで筆者も愛用しているのが通常の楽天カードです。

ポイントが貯めやすく、初めてのクレジットカードにもこれから楽天経済圏に入ろうという方にもおすすめできるメリットが本当に多いカードです。

それでは最初に通常楽天カードの基本情報を見ていきましょう。

楽天カード
楽天カードのデザインが新しくなりました|楽天カード (rakuten-card.co.jp)
年会費永年無料
ポイント還元率1%
楽天市場での還元率3%
選べる国際ブランドVISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
保険海外旅行損害保険:最高2,000万
カード盗難保険
利用可能額最高100万円
付帯可能サービス楽天ポイントカード機能
楽天Edy機能(なしも可能)
家族カード発行可能
ETCカード年会費550円
(会員ランクに応じて無料にもなる)

となっており、年会費無料でこれだけのサービスを受けることができます。

特に楽天カードのメリットは、

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場で買い物する時のポイント還元率3%
  • 付帯機能がつけられる

こんな感じでオールマイティに多機能でお得なカードということが分かります。

また、選べるデザインは国際ブランドによって違い、以下の画像が分かりやすいので公式ぺージの画像を載せておきます。

楽天カードをすでにお持ちで楽天イーグルスデザイン・お買いものパンダデザインをご希望の方へ | 楽天カード (rakuten-card.co.jp)
  • 頻繁に空港に行く
  • 海外旅行によく行く
  • 学生
  • 楽天市場で年間55万円以上買い物をする

上記に当てはまる方は、通常楽天カード以外のほうが良い可能性があります

当てはまらない方は通常楽天カードで決まり!

あなたに合ったカードはこれ!

各カードの説明とどんな人に合っているかを以下の表に簡単にまとめました。

カードの種類カードの説明どんな人におすすめ?
楽天カード年会費無料の通常カード
ポイント還元率1%
楽天市場は3%
万人におすすめ!
筆者もこのカード
楽天PINKカード年会費、還元率などは一緒
カードデザインがピンク色
女性向けのカスタマイズ特典がある
主に女性
デザインが好み
楽天銀行カード年会費、還元率などは一緒
楽天銀行のキャッシュカードと
クレジット機能が付いたカード
付帯機能はつけられない。
楽天銀行のキャッシュカードと
クレジットカードを1枚でまとめたい人
付帯機能がなくてもいい人。
楽天カードアカデミー学生用の楽天カード
年会費、還元率などは一緒
国際ブランドはVISA、JCBのみ
利用可能額最大30万円
家族カードは発行できない
学生用のクレジットカード。
楽天ANAマイレージクラブカード年会費1年目無料
2年目から550円
(年1回の利用で無料)
還元率などは一緒
楽天ポイントとマイルが貯められる
国内線のカウンターでの
搭乗手続きが不要
マイルも貯めたい人
楽天ゴールドカード年会費2,200円
利用可能額最大200万円
還元率は一緒
550円のETCカードが無料
アメリカンエクスプレスは選べない
国内空港ラウンジが年2回無料
世界38拠点のトラベルデスクが無料
年会費を払ってゴールドカードが欲しい人
楽天プレミアムカード年会費11,000円
利用可能額最大300万円
楽天市場での還元率5%
プライオリティパス会員カードが無料
国内空港ラウンジが無料
保険が充実
選べる特典
楽天市場で年間55万円以上買い物する人
海外旅行によく行く人

楽天カードは解説したのでそれ以外のカードを解説していきます。

楽天PINKカード

楽天PINKカードは主に女性をターゲットとしたカードです。

通常楽天カードと違う点は、カードデザインカスタマイズ特典があることです。

カードデザインは4種類あります。

楽天PINKカード種類
ピンクが基調のかわいいデザイン 楽天PINKカード|楽天カード (rakuten-card.co.jp)

PINKカードはデザインもそうですがカスタマイズ特典も女性向けです。

  • 楽天グループ優待サービス(月額330円)
  • RAKUTEN PINKY LIFE(月額330円)
  • 楽天PINKサポート(月額40円~)

楽天グループ優待サービス(月額330円)

楽天グループ優待サービスは月額330円で入れる楽天のサービスで使えるクーポンをもらえます。

例えば

  • 楽天市場で500円オフ
  • 楽天トラベルで国内宿泊予約1,000円オフ
  • 楽天ブックス100円引き

などお得なクーポンがこれ以外にもあります。

しかし初回限定であったり利用枚数制限があったりと何円以上購入の場合など何かと制限もありますので注意しましょう。

詳しくは公式ページで確認ください

楽天公式ページ

RAKUTEN PINKY LIFE (月額330円)

サービス例

rakutenpinkylife特典例
天PINKカード限定 お得なカスタマイズ特典|楽天カード (rakuten-card.co.jp)

上の画像のように特定の店舗で割引を受けることができます。

月額分元を取ろうと思って結局損しないように注意しましょう!

楽天PINKサポート (月額40円~)

月額40円~女性特有の病気に対しての保険に入ることができます。

保障内容は以下です。女性特有の病気についてはこちら

  • 女性特有の疾病で入院した場合、疾病入院保険金として、入院1日につき3,000円をお支払い。(日帰り入院も対象です)
  • 女性特有の疾病で手術を受けた場合 、疾病手術保険金として、入院中の場合は30,000円、入院中以外の場合でも15,000円をお支払い
  • 射線治療を受けた場合、疾病放射線治療保険金として、一回の放射線治療につき30,000円をお支払い。

実際いくらの保険料になるかはホームページにある以下の画像をご覧ください。

年齢別金額
楽天保険の総合窓口: 楽天PINKサポート (rakuten.co.jp)

年齢が上がっていくにつれて金額が上がっていきます。

また、保険は自動更新なので入ったことを忘れないよう注意しましょう。

楽天銀行カード

楽天銀行カードは楽天銀行の口座開設の際に作成できるカードで、キャッシュ機能とクレジット機能が1枚にまとめられています。

キャッシュカードとクレジットカードまとめてくれた方がいい!という方におすすめ!

しかし楽天銀行カードには以下のデメリットもあるので紹介しておきます。

  • 楽天カードとの2枚持ちができない
  • 付帯機能が付かない(楽天ポイントカード機能、楽天Edy機能)
  • 家族カードが発行できない

楽天カードとの2枚持ちができなく、付帯機能も付けられないので、楽天ポイントカード機能と楽天Edy機能を付けることができません。

キャッシュカードとクレジットカードをまとめたい人以外は楽天銀行の口座開設の際に楽天銀行デビットカードにすることで楽天カードも発行することができます。

楽天銀行カードの種類については以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

>>楽天銀行カードのおすすめは楽天銀行デビットカード!楽天カードとの2つ持ちで互いのデメリットを相殺!<<

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは学生限定のクレジットカードになります。

基本還元率や年会費に違いはありません。

楽天カードと違うところは、

  • 国際ブランドはVISA、JCBのみ
  • 利用可能額最大30万円
  • 家族カードは発行できない
  • 楽天学割がある

利用可能額最大30万円というのは学生にとってはむしろメリットでしょう。

楽天カードアカデミーの最大の魅力は、楽天学割です。

様々な特典がありますが特にいかが魅力的!

  • 楽天ブックスでポイント最大4倍
  • 楽天トラベルで高速バス予約でポイント3倍
  • 楽天ダウンロード購入でポイント3倍

この3つが無料でついてくるのはお得です。

ほかにもこちらの画像のようにお得な特典があります。

楽天学割
楽天カード アカデミー | 楽天カード (rakuten-card.co.jp)

また卒業後は自動的に通常楽天カードに切り替わるので、家族カードも発行することができます。

学生であれば楽天カードアカデミーで間違いないでしょう。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは楽天ポイントとマイルを同時に貯めることができるカードです。

よく旅行に行かれる方や、マイルをためている方におすすめ!

還元率は一緒ですが、楽天カードと違うところは以下です。

  • 年会費が2年目から550円かかる(年1回の利用で無料)
  • ANAマイルが貯まる(200円で1ポイント)
  • 楽天ポイントとANAマイルを交換できる
  • 国内搭乗手続きが不要
  • アメリカンエクスプレスは選べない

年会費についてはカードを利用すれば無料なので問題ないでしょう。

あとは国内旅行や海外旅行をよくする方、飛行機によく乗られる方にはお得な内容になっていますので是非楽天ANAマイレージクラブカードにしましょう。

楽天ゴールドカード

ここからは年会費があるクレジットカードになります。

楽天ゴールドカードは、「ゴールドカードのステータスが欲しい人」にはおすすめできます。

ゴールドカード会では年会費が安く、楽天ゴールドカードの年会費は2,200円です。

還元率ですが、2021年4月からゴールドカードの楽天市場でのポイント還元率が通常楽天カードと同じになり、魅力が大きく減ってしまいました。

また、国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCBのみ選択でき、アメリカンエクスプレスは選択できません。

といったデメリットはありますが、ここからはゴールドカードのメリットを紹介していきます。

  • 国内空港ラウンジが年2回無料
  • ETC年会費無料
  • 利用可能額が最大200万円
  • トラベルデスクが無料で利用可能
  • 誕生日月は楽天市場、ブックスでポイント+1倍

上記5つがメリットになります。

正直なところ、楽天市場での還元率が4%→2%になってしまいこのゴールドカードを選ぶ理由がかなり減ってしまいました。

ですので、安くでゴールドカードのステータスが欲しい!という方以外はおすすめしません。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード|楽天カード (rakuten-card.co.jp)

楽天プレミアムカードは楽天の最上位クレジットカードになり年会費も11,000円と高額になります。

楽天カードにはないメリットは以下です。

  • 楽天市場での還元率が5%
  • プライオリティパス会員カード発行無料
  • トラベルデスクが無料で利用可能
  • 3つの選べるサービス
  • 誕生月は楽天市場、ブックスでポイント+1倍
  • 利用可能額最大300万円
  • 【海外旅行損害保険】最高5000万円
  • 【国内旅行損害保険】最高5000万円
  • 【動産総合保険】最高300万円
  • 国内空港ラウンジ無料

なんとこれだけの特典を受けることができます。

選べる3つのサービスは、楽天市場コース、トラベルコース。エンタメコースがあります。

  • 楽天市場コース→毎週火曜、木曜はポイント+1倍
  • トラベルコース→楽天トラベルでオンラインカード決済するとポイント+1倍
  • エンタメコース→楽天ブックスで楽天プレミアムカード利用でポイント+1倍。RakutenTVで楽天プレミアムカード利用でポイント+1倍

この3つのうち1つを選択できます。

楽天プレミアムカードは楽天市場でポイント倍率5%や旅行の損害保険が充実していたり、空港のサービスを無料で利用できたりお得な要素がたくさんあります。

そんな楽天プレミアムカードがおすすめな人は、楽天市場で年間55万円以上購入される方海外、国内旅行をよくされる方

年会費が高額なこともあり、おすすめできる方は限定されますが該当する方は確実にお得ですので楽天プレミアムカードにしましょう!

  • 楽天市場で年間55万円以上買い物する人
  • 海外、国内旅行をよくする人

におすすめです。

カードを選ぶ際の注意点

カードを選ぶ際にポイントとなる注意点を紹介していきます。

以下ポイントになります。

  • 楽天銀行カードは付帯機能が少ない
  • 2021年4月に楽天ゴールドカードは改悪された
  • 楽天プレミアムカードの損益分岐点

それでは説明していきます。

楽天銀行カードは付帯機能が少ない

楽天銀行カードは付帯機能がありません。ですのでカードにポイントカード機能楽天Edy機能家族カードを付帯させたい場合はこのカード以外を選びましょう。

ですが携帯でアプリを取れば、楽天ポイントカード機能とEdy機能は携帯でのみ使うことができます。

このカードを選ぶ方はこの点を理解しておきましょう。

2021年4月に楽天ゴールドカードは改悪された

2021年4月に楽天ゴールドカードを楽天市場で使用した際に獲得できるポイント倍率が4%→2%に改悪されました。

ですので、楽天ゴールドカードを選択するメリットがほとんどなくなったのが正直な感想です。

くまお

でも、よく飛行機に乗る方やゴールドカードのステータスが欲しい!って人には年会費も安くおすすめだよ!

楽天プレミアムカードの損益分岐点

プレミアムカードの損益分岐点がどこか解説していきます。

まず、損益分岐点とは自分にとってお得になるラインのことです。今回の楽天プレミアムカードでは、年会費11,000円に対し、楽天市場でどのくらい買い物すれば年会費よりも獲得ポイントが多くなるかというところで判断していきます。

  • 楽天カードの楽天市場でのポイント倍率→2倍(100円につき2ポイント)
  • 楽天プレミアムカードの楽天市場でのポイント倍率→4倍

ということは、1万円の買い物を楽天市場でした時、差は200ポイントとなり、

この差が11,000円になるのが年間で55万円分買い物をした時です。

うさこ

年間55万円も買い物しないよ…

くまお

そんな場合は通常の楽天カードのほうがお得だよ!

楽天プレミアムカードの損益分岐点は、「楽天市場で年間55万円分の買い物」です。

国際ブランドはどこがいい?

楽天カードの種類を決める際、国際ブランドもどれにするか迷いますよね。

そんな方におすすめの国際ブランドを紹介します。

楽天カードでそもそも選べる国際ブランドはカードの種類によっても違いますが以下の4つです。

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメリカンエクスプレス

まず僕がおすすめするのは、マスターカードです。

マスターカードは世界での普及率も高く、kyash機能もついて対応しているコード決済も多い。また、コストコで買い物する際は、マスターカードでしか買い物できないのでそれもメリット!

国際ブランドについて詳しく知りたい方は以下の記事で解説しています。

楽天カードの国際ブランド4つを8項目で比較!一番無難な国際ブランドはこれ!選び方も解説!

まとめ【ほとんどの人は通常の楽天カードでOK】

最後に本記事の内容を簡単にまとめておきます。

まず、楽天カードの種類は以下の7つです。

  1. 楽天カード
  2. 楽天PINKカード
  3. 楽天銀行カード
  4. 楽天カードアカデミー
  5. 楽天ANAマイレージクラブカード
  6. 楽天ゴールドカード
  7. 楽天プレミアムカード

この中でも1番多くの方におすすめできるのは、通常の楽天カード

年会費もかからず、ポイント還元率は1%と高水準。また楽天市場で買い物するときはポイント倍率3倍と余計な機能のない、メリット満載のカードです。

例外は、

楽天市場で55万円以上買い物する人。

国内、海外旅行にめちゃくちゃ行く人。

このどちらかに当てはまる人はもう一度この記事を読んで自分に合った楽天カードを見つけてください。

それ以外の多くの方は、通常楽天カードを選び、国際ブランドは多機能で世界の普及率も高いmastercardがおすすめです。

通常楽天カード多くの人におすすめ!

国際ブランドはマスターカード!

ここまで読んでくださりありがとうございます。

よろしければこちらを押していただけると筆者が喜びます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村