(ヒートマップ) (タグマネージャー)
楽天経済圏

楽天銀行にするメリット、デメリットを解説!まだ地方銀行やメガバンク使ってるの?

楽天銀行のメリット、デメリット
うさこ

楽天銀行にするメリットは?逆に知っておいた方がいいデメリットはあるの?

この記事を読めばこんな疑問を解決できます。

この記事を書いているくまおは、楽天経済圏で生活し現在も楽天銀行をメインバンクとして愛用しています。

この記事を読むことで、まだ楽天銀行の口座を持っていない人には楽天銀行を使うメリットが分かり、使う上での注意点も紹介しているので「口座開設した後に後悔する」なんてことにはなりません。

楽天銀行とは

まず最初に楽天銀行ってどんな銀行かわからない方もいるかと思うので、簡単に説明しておきます。

楽天銀行は楽天が運営する銀行で、メガバンクや地方銀行と大きく違うのは携帯やパソコン、タブレットの中だけで完結する店舗がないネット銀行だ、とまあざっっっくりと説明するとこんな感じです。

そんなネット銀行の中でも楽天銀行は、「手数料無料にできる」、「高金利」、「楽天ポイントが貯まる」などメリットが多く、筆者もメインバンクとして愛用しています。

うさこ

いいことが多いのもわかったけどネット銀行って何か心配…

いくらメリットが多くてもこんな不安を持つのも無理はありません。

私も最初は不安でしたが調べてみると、セキュリティ面もしっかりしています。

例えば、

  • 不正ログイン即通知
  • ワンタイム認証
  • セキュリティカード認証
  • 合言葉認証

上記のようなセキュリティ対策をとっており、安心して利用することができます。

楽天銀行について大まかに理解してもらったところで以下で楽天銀行のメリットを紹介していきます。

楽天銀行6つのメリット

楽天銀行6つのメリット

楽天銀行を利用する上での6つのメリットを紹介していきます。

その6つのメリットは以下です。

  1. 手数料が無料で使える
  2. 金利が高い
  3. 楽天カードの引き落とし口座にすることでSPU+1倍
  4. 携帯で残高が見れる
  5. 携帯で送金できる
  6. 毎月自動振り込み設定ができる

6つ並べてみましたがこれだけでは詳しくメリットが分からないので1つずつ解説していきます。

手数料が無料で使える

「手数料が無料で使える」と言っていますが全員が何回も手数料無料で使えるわけではありません

楽天銀行には「ハッピープログラム」という会員ランクに応じたサービスを受けられる制度があり、この中に手数料無料にできる鍵があります。

以下が会員ランク条件とランクごとに受けられるサービスになります。

ハッピープログラ公式式
楽天ポイントが貯まって使えるハッピープログラム|楽天銀行 (rakuten-bank.co.jp)

ATM振り込み手数料が最大7回、他行振り込み手数料が最大3回無料となり、利用回数や残高によって会員ランクが変わります。

くまお

プレミアム以上をキープできるとかなり使い勝手がよくなるのでおすすめだよ!

うさこ

残高50万円なら何とかキープできそう!

金利が高い

地方銀行やメガバンクが普通預金金利が0.001%のところを楽天銀行は最高0.1%と100倍の金利があります。

この最高金利は、楽天証券とのお金の出し入れを自動でできるマネーブリッジをすることで適応され,

具体的に金利が違うとどのくらい違うかというと、

地方銀行に100万円預けたとすると、1年後には100万10円になり10円増えます。

でもこれでは1回手数料払っただけで元本割れしますよね…

楽天銀行なら100万円を1年預けたとすると、100万1000円になり、1000円増えます。

これなら手数料を数回払ったとしても元本割れはしません。

確かに少ない差ではありますが自分の資産を手数料で減らさないということが大切だと思います。

ちなみに金利だけで言うと、「あおぞら銀行ネットバンク」というネット銀行が普通預金金利0.2%で1番高いといわれています。

くまお

僕はこの「あおぞら銀行ネットバンク」を貯金口座に、楽天銀行をメインバンクとして使ってるよ!

楽天カードの引き落とし口座にすることでSPU+1倍

楽天銀行は楽天カードの引き落とし口座に指定することでSPUが+1倍になります。

SPUとは、楽天独自のポイントアップシステムで楽天市場で買い物する際に基本のポイント倍率がアップするサービスのことで、楽天のサービスを使えば使うほどポイント倍率は上がります。

くまお

僕はこのSPUを駆使して楽天市場で買い物する際、常に7倍以上で買い物できているよ!

SPUのことをもっと知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

【楽天SPU完全攻略】7.5倍で十分!?攻略に欠かせないサービス7選と楽天市場のお得な買い物の仕方

携帯で残高が見れる

楽天銀行は携帯のアプリでいつでもどこでも電波さえつながっていれば口座の残高や入出金明細を確認することができます。

僕も地方銀行を使っていたときは何が引き落されているか知りたい時、いちいち通帳を持って行って通帳記入をしていました。

久しぶりに通帳記入したらこんなのひかれてたの!?なんてことも…

家計管理、改善のにも口座の残高や入出金情報はすぐ見れる方が圧倒的にいいですし、手間もかかりませんよ!

携帯で送金できる

楽天銀行は、先ほど説明したハッピープログラムが適応され、残高や利用回数によって手数料無料でいつでも他行の銀行に振り込むことができます。

また、給料受け取り口座にすれば翌月から月3回まで振り込み手数料が無料になります。

くまお

僕が初めて携帯で振り込みしたときは、家の中で寝ころびながら携帯で送金できて、なおかつ手数料無料だったから衝撃だったよ!

うさこ

私400円くらい払ってるかも…

やり方も簡単で、以下のことを記入するだけ!

  • 金融機関名
  • 支店名(支店番号)
  • 預金科目(普通、当座、貯蓄、その他)
  • 口座番号
  • 振り込み金額

これだけで簡単に家にいながら振り込みができる!僕はこれに慣れてしまってもう戻れません!そのくらい便利です。

毎月自動振り込み設定ができる

振り込み手数料以外のコストをかけずに毎月自動振り込みの設定をすることができます。

例えば、

毎月の積立貯金

家賃・ローンの返済

仕送り

習い事の月謝

などついつい忘れがちな振り込みを自動化することができます。

くまお

僕は毎月の積立貯金を自動振り込みにしてるよ!しっかり先取貯金ができて金額も苦しくなったら変えられるから安心!

楽天銀行のデメリット

楽天銀行のデメリット

楽天銀行を使う上でのデメリットもやっぱり気になりますよね?

楽天銀行を使っていて思うデメリットや知っておいて欲しいデメリットを以下で紹介していきます。

改悪されることがある

入金3万円以内は手数料がかかる

預金残高がないと使いづらい

困ったときに店舗がないので対面窓口がない

特に1つ目の改悪されることがあるという点はしっかりと理解しておきましょう。

改悪されることがある

これは楽天銀行に限ったことではありませんが、楽天のサービスは改悪されることがあります

というかどんどん改悪が進んでいます。

例えば、

  • マネーブリッジ後の金利0.1%→マネー2022年からマネーブリッジ後300万円まで0.1%。それ以上の預金には0.04%の金利が適応される。
  • ゆうちょ銀行からの入金無料→2022年3月26日以降一律168円

1つ目の改悪は、2022年4月マネーブリッジすることで0.1%の金利が適応されるのが300万円までとなってしまいます。僕は300万円も楽天銀行には入れていないので正直あまり関係はないのですが、楽天銀行にかなりの預金を預けている人にとっては大改悪でしょう。

2つ目の改悪のゆうちょ銀行の出金手数料は、ゆうちょ側の改悪ですが、楽天銀行とゆうちょ銀行を使っている方にとっては大きな改悪になります。

このように2022年から改悪されるものだけを集めてもこれだけあるので、これからも改悪が続いていくと思われます。

ですので、僕としては情報感度をしっかり高めて楽天銀行よりも使い勝手の良い銀行があれば、その銀行に移行することも視野に入れつつ、上手に使っていきたいと思っています。

現時点では、まだ楽天銀行を移行するほどではなく、しっかりとメリットを感じるので使い続けようと思います。

入金3万円以内は手数料がかかる

ここでの入金手数料はコンビニATMなどのよく使うATMで入金する際の手数料で、3万円以内の入金には手数料がかかりますので気を付けましょう。

もちろん、ハッピープログラムがあるので利用回数や残高に応じて無料回数があり、その範囲内であれば無料で入金することもできます。

ですので、無料回数内で入金するか、3万円以上の入金であれば手数料がかからないので、覚えておきましょう。

預金残高がないと使いづらい

楽天銀行を給料の受け取り口座や、公的年金の受け取り口座にすることで翌月から月3回までATM使用手数料、他行振込み手数料無料で使えますが、そうでない方は、ハッピープログラムに頼らないといけません

ハッピープログラムでは、残高0で取引回数が4回以内なら手数料がかかります。

また、残高49万円以内、取引9件以内の場合ATM手数料1回無料、他行振り込み手数料1回無料となりますが、正直1回ずつでは使いずらいです。

ハッピープログラムは取引回数でランクを上げるのが厳しくなったため、残高でランクを上げをすることが現実的になります。

僕としては、最低でも50万円以上の残高にすることで、ATM手数料2回、振り込み手数料2回を無料にできるようにすると少しは使いやすくなるのでプレミアムランク以上がおすすめです。

ですので、「50万円以上も残高をキープするのはしんどいよ」という方には、少し使いずらい銀行になるでしょう。

困ったときに店舗がないので対面窓口がない

楽天銀行に店舗がないため、直接人に相談できる対面窓口がありません。

ですので、メガバンクのように「わからなかったら最悪店舗に行って聞こう」ということができません。

じゃあ、何かあったらどうするんだよ!ということになりますが楽天銀行でのトラブルの解決法は、

  • チャット、電話サポート
  • 自分でネットで調べる

があり、大抵のことは解決できます。

楽天銀行は利用人口も多いので、ネットやYouTubeで調べて解決できる問題がほとんどです。

それでもわからない場合は、チャットや電話サポートで聞くこともできます。しかし、電話サポートは応答までかなり時間がかかるので注意しましょう。

楽天銀行のメリット、デメリットまとめ

楽天銀行のメリット、デメリットを紹介してきましたがまとめると、

楽天銀行のメリット

  • 手数料無料にできる
  • マネーブリッジ後の金利が高い
  • 携帯で振り込みや残高確認ができる

楽天銀行のデメリット

  • 改悪されることがある
  • 預金残高がないと使いずらい
  • 困ったときに店舗がないので対面窓口がない

こんな感じになります。

このデメリットを払拭するには、

情報感度を上げる

できれば50万以上残高を確保する

ネットで解決する癖をつける

上記ができれば楽天銀行を使っていても不便を感じることは少ないと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

もしよろしければ、こちらを押してくださると筆者が喜びます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村