ホーム » 節約 » 固定費の節約 » 格安SIM会社おすすめ5社2021【通信速度は?何ギガまで使えるの?】
固定費の節約

格安SIM会社おすすめ5社2021【通信速度は?何ギガまで使えるの?】

格安SIMにしたいけど、どれがいいかわからない。 通信速度が心配。 使えるギガはどれくらいあるの? そんな疑問もこの記事を見れば解決! わかりやすくおすす5めの格安SIM会社を比較していきます。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは3つあります。

料金が安い

格安SIMの最大のメリットともいえるのは、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べて月々の使用料金が安いということです。料金については下のほうで解説しています。

プランが豊富

格安SIM会社は、データ容量を選べたり、通話料にも多くのプランがあり、大手キャリアにない自分に合ったプランを見つけることができるかもしれません。

好きなタイミングで乗り換えられる

大手キャリアでは2年縛りなど、契約期間がありますが格安SIMにはそれはなく、自分の好きなタイミングで携帯会社を変えることができます。

格安SIMのデメリットとその解決法

格安SIMはデメリットも多くあります。解決法も解説していくので、デメリットも知ったうえで、格安SIMにするか考えていきましょう。

店舗がないところが多い

格安SIM会社には店舗がないところが多く、契約などもインターネットでしなければなりません。また店舗がないことから大手キャリアに比べ、サポートが弱いといわれています。解決法は、youtubeなどで契約までの流れを調べることができます。わからないことは、チャットやコールセンターで聞きましょう。

またUQモバイルとYモバイルは店舗がありますので、他の格安SIM会社に比べてこの2社はわかりやすいです。

通信が遅い

大手キャリアに通信回線を借りているので、多くのユーザーが利用する時間帯などは通信が重くなったりします。しかしすべての格安SIMというわけではなく、大手の格安SIM会社であればストレスなく使うことができます。この記事の下のほうで大手の格安SIM会社を紹介していきます。

大手キャリアのメールアドレスが使えなくなる

@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなどの今まで使ってきたメールアドレスが使えなくなります。どうしてもこのメールアドレスを使いたいという方は、格安SIMはおすすめしません。ですが、Gメールなどのフリーメールでいい!という方はそちらを使いましょう。

キャリアサービスが使えなくなる

キャリア決済や年齢認証サービス、auスマートパス、などが使えなくなってしまいます。自分がこのサービスを使用しているか確認しておきましょう。

おすすめ大手格安SIM5社

UQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドになります。データ容量ごとの料金プランを説明していきます。

データ容量料金データ容量超過後
3G1480円300kbps
15G2480円1Mbps
25G3480円1Mbps
表示価格は税抜きです

通話料は税込22円/30秒別でかかりますが、通話料プランとして、最大60分/月の通話料定額(550円)、10分かけ放題(770円)やかけ放題(1870円)もあります。学割があるので、18歳以下のお子さんがいる場合は2回線目から580円~1580円(プランによって変わる)割引されます。また使わなかったギガは翌月に繰り越すことができるのがメリットです。

Yモバイル

ソフトバンクのサブブランドになります。料金は1回線のみだとUQモバイルのほうが安いです。

データ容量料金データ容量超過後
3G2178円300kbps
15G3278円1Mbps
25G4158円1Mbps
表示価格は税抜きです

通話料は別で税込22円/30秒かかりますが、通話料プランがあり10分かけ放題(770円)、かけ放題(1870円)とプランは違いますがUQモバイルと通話料は同じ料金です。Yモバイルは家族割があり、2回線目からは1188円割引されます。

ahamo,povo,LINEMO

ahamoはドコモのサブブランドで、povoがau、LINEMOがソフトバンクのサブブランドになります。料金設定は似ているのでまとめて解説していきます。

20Gのみ通話料5分以内かけ放題特徴
ahamo2700円無料1100円海外に強い
povo2480円500円/月1500円24時間データ使い放題200円/月
LINEMO2480円500円(1年間無料)1500円(1年間は1100円)LINEがギガフリー
表示価格は税抜きです 

プランはどこも20Gのみとなっています。料金は通話料5分かけ放題にするなら、ahamoが一番安いですが、1年間だけはLINEMOが最安となっています。

ahamoは、追加料金不要で、海外82の国、地域でデータ通信が使えるので、海外に強くpovoは、24時間データ使い放題が200円/月で利用できるので、突発的にギガを使う人にはおすすめです。LINEMOは、LINEがギガフリーになっていますがLINE自体あまりギガを消費しないので、通話料が1年間割引されるので、そちらがお得かと思います。

まとめ

「ギガが少なくてもいい」という方はUQモバイルやYモバイルに、20ギガ以上使うなら、ahamo,povo,LINEMOがおすすめです。またUQモバイルとYモバイルは店舗があるので格安SIMの中でも、比較的契約しやすいかと思います。