ホーム » 節約 » 光熱費の節約 » 都市ガスとプロパンガスの違い【賃貸選びで迷っている方必見!】
光熱費の節約

都市ガスとプロパンガスの違い【賃貸選びで迷っている方必見!】

賃貸選びで迷っている方の「どっちがいいの?」、「違いは?」など様々な疑問を解決していきますので、賃貸選びの際の参考にしてください。

都市ガスとプロパンガスの料金の違い

都市ガスとプロパンガスでは、原料ガスの供給方法重さなど違いは多くありますが、賃貸などで使用する際の1番大きな違いは料金の違いです。そしてもう一つの違いは熱量が異なることによるガス器具の違いになります。

ガス器具の違い

都市ガスとプロパンガスでは、ガスコンロ給湯器などのガス器具に都市ガス用とプロパンガス用があり、引っ越しする際や、ネットなどで購入する際は必ず確認するようにしましょう。

料金の違い

都市ガスとプロパンガスでは料金が約1.5倍~2倍ほどプロパンガスが高いといわれています。なぜ1.5倍~2倍と大まかな数字かというと、都市ガスもプロパンガスもガス会社によって料金が違うからです。

どちらも2017年4月からは「自由料金制」ですが、都市ガスはもともと「規制料金」だったので、いまだに規制料金の影響は強く、ガス会社同士の価格の差も大きくはありません。一方プロパンガスは、もともと「自由料金」だったので、ガス会社ごとの料金差は大きく、場合によっては、同じ地域でも2倍近く料金が違うこともあります。ですので、ガス会社によって都市ガスとプロパンガスの料金差は変わります。

なぜ都市ガスは安いの?

先ほど説明したもともと「自由料金」だったのと「規制料金」から「自由料金」に変わったことによるガス会社ごとの価格差も都市ガスの安さの要因ではありますがそれだけではありません。

都市ガスが安いのは、供給方法の違いにあります。都市ガスは地下のガス導管を伝って各家庭に供給されますが、プロパンガスは、液化されたガスを容器(ガスボンベ)に充填し、その容器を各家庭に供給します。このガスボンベの配送に人件費がかかり、プロパンガスの料金が高い原因になっています。

プロパンガスでもガス代が安くなる!?

プロパンガスでも工夫次第でガス代を安く済ますことができます。その方法を紹介していきます。

安いガス会社を選ぶ

先ほども説明しましたが、プロパンガスはガス会社によって料金が大きく変わるので安いガス会社を選ぶことが一番の方法でしょう。賃貸でも大家さんによっては、ガス会社を変えてもいいという大家さんもいるので、一度聞いてみるといいでしょう。

お風呂の使い方

ご家庭でのプロパンガス消費量の実に75%を占めるのが給油、つまりお風呂やシャワーです。具体的な節約方法としては、『おふろの湯を少な目で沸かす』、『こまめに蓋をしてすぐに入る』、『節水シャワーヘッドを使う』、『給油器のスイッチをこまめに切る』です。どれも毎日積み重ねることで長い期間でみると、大きな節約になります。

もっと詳しく知りたい方はこちら↓

簡単にできる!?ガス代を安くする方法を紹介

賃貸選ぶ際はどっちがいい?

都市ガスとプロパンガス、賃貸に住むならやはり、都市ガスがいいです。ただ、同じ条件の物件でも、都市ガスのほうが家賃が高いことのほうが多いので、家賃と光熱費のバランスを注意して物件を選びましょう。

プロパンガスのメリット

プロパンガスにも都市ガスにはないメリットがあります。その2つを紹介します。

火力が強い

プロパンガスは都市ガスに比べて、約2.2倍も高い熱量があります。そのため、料理屋さんなど強い火力が必要な店では、プロパンガスのほうが好まれます。

災害に強い

プロパンガスはボンベと配管、ガス機器が揃い、安全が確認できればすぐに利用することができるため、復旧が都市ガスに比べて圧倒的に早いです。逆に都市ガスは復旧の遅さがデメリットといえるでしょう。

まとめ

都市ガスとプロパンガスのみで賃貸を選ぶとしたら都市ガス!でもプロパンガスだとしても暮らしの中で工夫すれば、ガス代を節約することができますし、プロパンガスにもメリットはあるので、今住んでる方も、これから物件を選ぶ方にも役立つはずです。