ホーム » 節約 » 光熱費の節約 » 簡単にできる!?ガス代を安くする方法を紹介
光熱費の節約

簡単にできる!?ガス代を安くする方法を紹介

この記事では、ガス代が高くて困っている方や、簡単にできる節約方法を知りたい方に向けて、ご家庭でも簡単にできる、ガス代を節約する効果的な方法や節約術を紹介していきます。

ガス代を安くするには?

ガス代を安くするのに一番効果的な方法は、ガスの種類や契約を見直すことです。

うまくいけば日々の生活水準を下げることなく、ガス代を大きく下げることができます。

ガスの種類

ガスの種類には、都市ガスとプロパンガスの2種類があります。

それぞれメリットデメリットがありますが、節約の観点からみると、都市ガスがプロパンガスよりも圧倒的におすすめです。

おすすめな理由は単純に、プロパンガスよりも都市ガスのほうが、ガス会社にもよりますが、ガス代が1.5倍以上安いからです。プロパンガスではなく都市ガスを使用することで、同じ生活をしていてもガス台を大きく節約することができます。

都市ガスとプロパンガスの違い

契約を見直す

これまでは、固定のガス会社での契約を強いられていましたが、2017年4月からガス会社の自由化され、電気と同様に各家庭で自由に会社を選ぶことができるようになりました。そのためガス会社や契約を見直すことでガス代の大きな節約につながるかもしれません。

ガス会社を見直す必要があるのは主に、プロパンガスを使用している方です。プロパンガスは都市ガスと違い会社によって料金が2倍近く変わることもあるので、賃貸の方でも大家さんによっては、プロパンガス会社を変えてくれる大家さんもいるので、1度交渉してみるのもアリでしょう。

また、契約を電気、ガスセットにすることでガス代を節約することができるかもしれません。セットでの契約プランは単体での契約よりも割引率が高いことが多いので、現在のプランと比べてみるとよいでしょう。

都市ガスとプロパンガスの違い

ガス代を節約する方法【キッチン】

ここからは、日々の生活の中でガス代を少しでも節約し、安く抑える方法を紹介していきます。まずはキッチンからみていきましょう。

食洗器を使う

食洗器は手洗いに比べて水の量を家族数にもよりますが、6分の1まで減らすことができます。手洗いだと冬には多くのお湯を使い、ガスを使用してしまいます。

ですので、食洗器を使えば水道代はもちろん、ガス代も節約することができます。

電子レンジで調理する

調理の際に、電子レンジを使うことで意外にもガス代の節約になります。

特に火が通りにくい野菜などの下茹でを行う際、ガスコンロではなく電子レンジを使用することによって、ガス代を安くすることができます。

余熱を使った調理

調理に蓋を活用することで、余熱を上手に使うことができ、火を使っている時間を減らすことができるので、ガス代の節約になります。

なべ底の水滴を拭く

あまり気にしたことがない方が多いと思いますが、なべ底の水滴がついたまま火にかけてしまうと、ガスを多く使ってしまいます。

そのため、鍋の底の水を拭きとってから火にかけましょう。これを行うだけで、約2.5%ものガス代の節約につながるため、是非取り入れてみてください。

ガス代を節約する方法【お風呂】

お風呂も湯船にお湯を沸かす際や、温かいシャワーを利用する際にガスを使用します。

そんなお風呂を利用する際に、ガス代を節約するための方法を紹介していきます。

ためるお湯の量を減らす

毎日湯船につかる方や、シャワーだけで済ます方など様々な意見があります。

湯船にお湯をためる際、どのくらいのお湯をためていますか?満タンまでためているという方はガス代が大きく変わるので注意が必要です。

毎日湯船につかるという方は特に、ためるお湯の量を減らすことで毎日ガス代を節約することができます。

追い炊きの回数を減らす

ご家庭でも追い炊きをするという方は多いと思います。しかし、この追い炊きの回数がお風呂では最もガス代に大きく影響してきます

ですので、できるだけお湯をためたらすぐに入るもしくは、湯船のお湯が冷めない工夫をしましょう。例えば、

  • 湯船に蓋をする
  • 湯面に保温シートを浮かべる

など工夫をすることでお湯の温度を保つことができます。ですがそれも長時間ではないのでやはり、お湯をためたらできるだけ立て続けに入るのが1番いいでしょう。

シャワーの時間を短くする

シャワーは1分間に12リットルものお湯が出ています。ですので、シャワーを使う際は、こまめに止めたり、シャワーの時間を短くするように心がけましょう。

そんなことできない、したくないという方は節水シャワーヘッドを使うと出ているお湯の量を同じ水圧なのに減らすことができるので、節水にもガス代の節約にもなるのでおおすすめです。

お湯の設定温度を下げる

お湯の設定温度が高ければ高いほど、ガス代は高くなります。これはキッチンなどのお湯も一緒ですが、家の中で1番多くのお湯を使うのはお風呂です。

そのため、気温などに合わせ、できる限りで設定温度を下げることが大切です。

まとめ

知らないと自分が思っている以上にかかってしまうのがガス代ですが知っていることで、少しでも減らすことができます。今回紹介した簡単にできる節約術を自分に合ったやり方で生活の中に取り入れていくことで、日々のガス代をコントロールしていきましょう。