ホーム » 節約 » 電子マネーのメリット、デメリットは?どんな使い方がおすすめ?
節約

電子マネーのメリット、デメリットは?どんな使い方がおすすめ?

現金を持たないキャッシュレス化が進んでいき、「電子マネーみんなやっているけど、どういうものかわからない」、「クレジットカードと電子マネー何が違うの?」、「電子マネーのメリットとデメリットは?」などが疑問で電子マネーの利用をためらっていませんか?

結論から言えば、以下の人に電子マネーがおすすめです。

  • スムーズな会計がしたい
  • ポイント高還元
  • 月の支払いの管理をしたい方

この記事を見れば、なぜおすすめなのか電子マネーのメリットを理解でき、自信をもって電子マネーを利用することができます。

電子マネーのメリットと種類

電子マネーのメリットとして、「現金を持ち歩かなくていい」、「会計がスムーズ」、「月の使用金額が分かる」、「ポイントが付く」などいろいろあります。

一方デメリットとしては、「電子マネーの種類が多すぎて管理が大変」、「使用できる店舗が限られる」などがあげられます。

また、電子マネーには「プリペイド型」と「ポストペイ型」の二つがあり、それぞれの特徴やメリット、デメリットをこれから解説していきます。

プリペイド型

プリペイド型の電子マネーは「前払いタイプ」といわれ、現金をあらかじめチャージしておくタイプの電子マネーになります。メリットとしては以下があります。

  • 使い過ぎを防ぐ
  • 1ヵ月の使用金額が分かる
  • 事前審査がない

まず、使う金額をチャージしなければいけないので、使い過ぎを防ぐことができ、チャージ回数を月に1回にすることにより、月の使用金額もわかりやすいです。また、事前審査が不要なので、だれでもすぐに使うことができます。

デメリット

プリペイド型のデメリットは、チャージしていなければ、支払いができませんので、残高不足の心配入金の手間がかかります。一番大きなデメリットは、チャージした金額を現金に戻せないところです。ただ、余った金額は翌月に持ち越せるので損するわけではありません。

ポストペイ型

ポストペイ型は「後払いタイプ」といわれ、使った金額分後から支払うタイプの電子マネーになります。メリットは以下になります。

  • クレジットカードと併用することで、ポイント高還元
  • 入金の手間がいらない
  • 1ヵ月の使用金額が分かる

ポストペイ型は、クレジットカードと併用することで、ポイント還元率を上げることができます。例えば、iDという電子マネーと併用でdカードを作ることで最大で還元率を8%まで上げることができます。また、利用と同時に登録のクレジットカードから利用額が支払われるので、入金の手間もなく、中途半端な金額が残ることもありません。

携帯のアプリと連携させることによって、1ヵ月の使用状況や、利用料の詳細を見ることができ、家計管理にも役に立ちます。

デメリット

ポストペイ型の電子マネーのデメリットは、1つの電子マネーだけだと利用料を管理しやすいですが、複数の電子マネーを使用していると、管理が大変になりますので、最初のうちは、あまり多くの電子マネーを利用しないことをおすすめします。

現金とは違いお金が減っている感覚も少なくなるので、こまめに利用状況を確認しましょう。

電子マネーとクレジットカードの違い

電子マネーとクレジットカードの大きな違いは、会計のスピードです。

電子マネーは、利用する電子マネーを伝え、専用の端末にカードやスマホをかざすことで、会計が完了します。

一方、クレジットカードは店員にクレジットカードを渡したり、サインや暗証番号の入力を求められたりします。

電子マネーはクレジットカードと比べると、会計のスピードが速いことがメリットになりますが、クレジットカードは、電子マネー単体と比べると、ポイント還元率が高いことがメリットになります。

おすすめの電子マネーの選び方

電子マネーをうまく使うには、メリット、デメリットをしっかりと理解し、自分に合った使い方をすることが大切です。

電子マネーを選ぶポイントは以下の3つです

  • ポイント還元を意識する
  • 普及率の高いものを利用する
  • 年会費無料

電子マネーはクレジットカードと併用することでポイント高還元を実現できますので、クレジットカードと併用して使い、普及率の高い電子マネーやクレジットカードを選ぶことで、使用できる店舗が多くなり、使いやすくなります。

また、はじめは使用頻度や、使用料金が分からないので、年会費無料のものを選ぶといいでしょう。

おすすめの電子マネーとクレジットカードの組み合わせ

ポイント還元普及率年会費の3つの条件を満たす組み合わせは以下の二つです。

  • iDとdカード
  • 楽天Edyと楽天カード

上記の2つはポイント還元、普及率、年会費の3つを満たしているので、始めやすくおすすめですので、参考にしてください。